美容に欠かせない栄養の相互関係

健康面や美容面に配慮した食生活にするには、何からビタミンやミネラルを補うようにするといいでしょう。

ミネラルを豊富に含む食材には、魚介類や海草類、レバーなどがあります。

大豆や豆乳、牛乳などもおすすめです。

レバーはビタミンも含みます。

卵黄や緑黄色野菜からもビタミンは補充できます。

美容効果がある果物は色々なものがありますが、これらに含まれる栄養素はどういったものでしょう。

果物に多く含まれ、美容効果が高いとされている栄養にはビタミンCがあります。

美容に欠かせない栄養の相互関係

美しい肌を維持するために欠かせないコラーゲンは、ビタミンCがなければ生成できません。

ビタミンCは、美容効果のある成分を作るバックアップをする栄養素として重宝されています。

栄養素には相乗効果という作用があるので、ビタミンCに限らず、他の栄養素にも同じような作用が期待できます。

ビタミンCは鉄の吸収を促進する効果がありますし、その鉄分はビタミンB群が体内に速やかに吸収されるようにサポートする役割を持っています。

ビタミンCの活性を助けるには、銅が必要ですし、ビタミンCの代謝に必要不可欠なのはマグネシウムです。

リンが体内にあるとビタミンB3の吸収が良くなります。

このように、それぞれの栄養素の作用は、互いに影響をしているというわけです。

効果があるからと、特定の栄養素ばかりを摂取するのではなく、不足しがちな栄養素の相互関係について知ることで、より一層美容に役立つ摂取方法と成り得るのです。

記事メニュー

リンク

更新

2019/05/18
FXをお探しなら